MENU

一人暮らしのご飯どうしてる?節約しながらご飯を楽しむ方法

一人暮らしを始めた時、ご飯作りに悩む人も少なくないです。

みんな一人暮らしのご飯はどうしてるんだろう?

こんなことを考えて、もうちょっとマシなご飯を食べて健康的な生活をしなければと焦っている人もいるでしょう。
この記事では、一人暮らしでも節約しながらご飯を楽しむ方法を解説します。

パパッピ

一人暮らしでもちゃんと栄養をとってご飯が食べられるようになりたい人は参考にしてください!

目次

自炊が難しく外食をしがちな一人暮らし

一人暮らしの自炊は実は難易度が高いです。
食材を買ってきても1人分ではなかなか売られていないので食材を腐らしてしまうこともあります。
それに、冷蔵庫も一人暮らしの場合はそこまで大きなものを使っていないと思うので保存するのも難しいですよね。
そのため、結局は外食しがちになってしまい、いつもコンビニ弁当を食べたり牛丼を食べたりしてしまうのです。

パパッピ

僕も以前は牛丼屋に毎日のように行ってました。
その結果、激太りをして生活を見直さないといけないと思ったんです。

節約しながらご飯を楽しむ3つの方法

パパッピ

ここでは、節約をしながら一人暮らしのご飯を楽しむ方法を紹介します

オイシックスのミールキットを活用する

まず一番最初に使ってほしいのがミールキットです。
ミールキットとは食材とレシピがセットになっているもの。
特にオイシックスのミールキットは20分から30分程度で野菜たっぷりのご飯を作ることができるのでおすすめ。

オイシックスのミールキット
オイシックスのミールキット
パパッピ

丁寧なレシピがついているので料理初心者でもこんな感じの夕食があっという間に出来上がります

キットオイシックスの量
キットオイシックスの量

一人暮らしでオイシックスのミールキットを毎日使っても月に24,000円で済みます。
コンビニ弁当や外食をしているよりずっと安く余計なものを買わないので節約になります。
しかも野菜をしっかりとれるので、一人暮らしにはとてもおすすめできる食材宅配サービスです。

一人暮らしでオイシックスを使うとどのくらいお金がかかるかこちらの記事で解説しているので参考にしてください。

送料無料・全額返金保証
おためしセット 1,980円
今すぐチェック!

スーパーのお惣菜を買ってくる

外食をするくらいならお米は自分で炊いて、おかずはスーパーのお惣菜を買う方が節約になります。
スーパーのお惣菜は手作りなので、コンビニ弁当と比較しても添加物をそこまで心配する必要もないでしょう。

パパッピ

近くにスーパーがある人は積極的に活用しましょう!

節約レシピを探して試す

「節約レシピ」というキーワードで検索すると、料理に詳しい人がレシピを公開しています。
例えば、こちらの記事はレシピが12個も紹介されているのでとても参考になります。

こういったレシピは最初は作るのが面倒ですが、お気に入りを見つければ作り方を覚えてすぐ作れるようになるので時短レシピを覚えるのも一つの手です。

僕の1日のご飯を紹介します

朝はプロテイン

朝は起きたら筋トレをしてプロテインを飲みます。
プロテインは腹持ちがいいのでおすすめ。
僕はSAVASのココア味を毎日飲んでいます。

パパッピ

数秒で朝食が終わるので楽ですし筋肉トレのサポートにもなります

たまにプロテインだけじゃ足りない時がありますが、そういう時はバナナを食べます。

昼はサラダと鶏肉

お昼は基本的にはコンビニでサラダと鶏肉を買って食べます。
食費が厳しい月はお弁当を作って持っていきます。

パパッピ

お気に入りのお弁当箱があればテンションが上がります。

お弁当と言ってもご飯と冷凍食材を詰めて完成の簡単なものです。
スーパーで色んな冷凍食材が売られているのでストックしておくといいです。

夜はオイシックスで作るご飯

夜はオイシックスのミールキットを使って夕ご飯を作ります。
ミールキットを使えば20分から30分ほどで良い感じの夕食が出来上がるのでかなり重宝してます。

オイシックスを使い始めてからは野菜も採れるようになったので親に話したら褒められました。
オイシックスは野菜をしっかり摂りたい人にもおすすめです。

オイシックスのミールキットで作る夕食
オイシックスのミールキットで作る夕食

送料無料・全額返金保証
おためしセット 1,980円
今すぐチェック!

自炊したくない時に試すこと4つ

宅配弁当のサービスを使う

どうしても自炊をしたくない時は、お弁当を宅配してくれるサービスがあるので使いやすいサービスを1つ知っておくと楽です。

定期的に冷凍弁当を送って欲しいならナッシュがおすすめ。
低糖質の冷凍弁当を送ってくれます。

ナッシュ
ナッシュ

単発購入でたまに弁当を注文したいなら食宅便がおすすめ。
定期契約が不要で都度購入ができるので、ここぞという時にだけ使うことができます。

食宅便
食宅便

ウーバーイーツを使う

家に帰ってから何もやる気が起きない時は最終手段のウーバーイーツを使いましょう。
近くの飲食店から好きなものを届けてくれます。
自宅に届けてもらうのが嫌なら、駅前や公園などを指定すれば住所を配達員に知られることはないので工夫しましょう。

行きつけの料理店を見つける

近くにファストフードではなく小料理店とかうどん屋さんなどがあるなら、行きつけを見つけておくといざという時に助かります。
仕事終わりに食べて帰れば夕食が終わるので楽です。
しかし、毎日外食してると食費が高くなるのでたまに行く程度にしておくのが無難です。

土日に作り置きして冷凍しておく

土日など時間がある時に、平日食べる用のご飯をまとめて作って冷凍するとかなり節約になりますし、食材も使い切れるのでおすすめです。
平日は電子レンジで温めればすぐ食べられるので自炊をする必要がありません。

外食はお金がかかるし健康面も心配

毎日コンビニ弁当や牛丼などの外食をしているとお金がかかります。
コンビニ弁当と言っても一つ500円はすると思うので、ひと月に換算すると15,000円はかかります。
実際には飲み物やデザートも併せて買うことがほとんどなので2万円以上か、もっとお金がかかっているはず。

また、コンビニ弁当の添加物も毎日摂取するのが心配だったり、牛丼をこんな頻繁に食べていて大丈夫なのだろうか?と心配にもなります。

これはだいたい想像通りで、そのような食生活をしていると体はボロボロになる可能性があります。
だから、今からしっかりとしたご飯が食べられるように考える必要があるのです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

パパッピのアバター パパッピ 共働きパパブロガー

「共働きでも時間的に余裕のある生活をおくる」をテーマとしてライフハック情報を発信中

副業収入が欲しい、時間が欲しいという会社員パパ向けにリアルな情報をお届けします

よかったらTwitterもぜひフォローお願いします!

目次